海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

入ってて良かった海外旅行保険

何年か前に、友達とサイパンに旅行に行った時のことです。
節約旅行だと、つい少しでもお金を使いたくないので保険に入るのをやめようかと迷ってしまいますが、この時は入っていて本当に良かったです。

靴ずれかと思って我慢していた脚の痛みがひどくなってしまった事がありました。
ビーチサンダルをはいていたので、親指と人差し指の間に靴ずれができたのだと思っていたのですが、翌日になったら親指が2倍の太さになってしまいビックリ。

慌てて旅行会社に電話をして、ガイドさんに通訳をお願いし、病院に連れて行ってもらいました。
診察には時間はかかるし、英語だらけの書類には何枚もサインをしなければならないし、結構大変でした。
ヒトデにさされた可能性があると言われ、破傷風の注射を打ち治療。治療費は、なんと5万円もかかりました。

5万円あれば、もう1回サイパンに行けますよ。良かった、海外旅行保険に入っていて。
通訳代の5000円は支払うことになりましたが、4万5千円は保険に入ってたおかげで戻ってきました。

 

入っておくと安心な海外旅行保険

皆さんは海外旅行の際は万一に備えて海外旅行保険に加入してから出発していますか?
皆さんの中には、加入しなくっても大丈夫、保険代にお金を使うくらいならその分旅行先でおいしいものでも食べたいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私は必ず加入することをお勧めします。
たしかに、短期の旅行の場合は高額な保険に入る必要はないかと思います。

しかし、長期の旅行や留学、旅先の治安に不安がある等の場合も含めて必ず最低限の保険には加入してから出発するに越したことはありません。

特に、海外で体調を崩した場合に、海外旅行保険に加入していないと大変な負担が伸し掛かってきます。
まず費用のこともありますし、最悪診療を拒否される場合も有り得ます。

海外旅行保険に加入していれば、旅行先の国や行った先の病院によりますが、煩わしい支払いもすることなく、請求は保険会社に直接いくため、現金の手持ちが少ない場合は大変助かります。

また、保険に加入していることで病院での支払い滞納を疑われることなく診療を拒否されることはありえません。
ただでさえ旅先ということもあり疲れやすく、体調を崩す可能性が高い海外旅行なだけに若しもの場合にそなえて是非とも海外旅行保険には加入しましょう。

 

物価が安い

アジア各国の魅力といえば、物価の安さは欠かすことができません。日本の半額以下でいろんなことが楽しめる地が多数存在しています。これはとても魅力的なことです。
観光地として人気が高いフィリピンに位置するセブ島は、ダイビング目的などで多くの人が訪れる地となっています。

セブ島ではダイビングについても人気が高く、特に日本人女性客から人気を集めています。治安も悪くなく、気候も温暖でさらに物価が安いとなれば、行かない手はありませんよね。
日本から飛行機で移動する必要があるため、仕事の休暇との兼ね合いもあると思いますが、時間的に可能であれば、海外旅行は1度はしておきたいところです。
セブダイビング・格安【ハイミーズ・ダイビングセンター】

セブ島のダイビングについても、日本国内より安くライセンス取得が可能です。宿泊費や食費も安いため、例えば1ヶ月暮らすとなると、日本よりも生活費がかからないといった声も多くきかれます。
リタイアしたシニア世代が、移住するのもよくわかりますよね。

物価が安いといろんなことにチャレンジできます。多くの人は1ヶ月あたりで使えるお金が決まっていることでしょう。日本だと6万円の費用が必要なところ、セブ島だと3万円で済むといったケースも実在します。これらの強みを最大限にいかして、ダイビングについてもエンジョイしたいところです。