海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

五月人形について知ろう

五月五日というのは端午の節句、男子の成長を願うお祭りです。

当時の日本では武士が主に兜や鎧を飾っていましたが、庶民には値段が高くて手が出せませんでした。

そんな中で庶民は鯉のぼりを飾るようになったのです。

日本の行事としては有名ですが、由来を知っている人は珍しいですよね。

私も子供の頃に、格好いい鎧兜や五月人形を両親に飾ってもらったのを覚えています。

男の子にとって、サムライの魅力というのは筆舌に尽くしがたいもので、あの感覚は当時の自分、さらに初めてあれを見たときにしか感じられないと思います。

一つ豆知識として覚えておいてほしいのですが、忙しかったり時間がなかったりして、前日に五月人形を飾る人がいると思いますが、これは一夜飾りといって五月人形に限ったことではありませんが、昔から縁起が悪いこととされているのです。

五月人形は出来るだけ早めに飾るようにしましょう。

逆にしまうときは、遅かったり早かったりすることで何かが悪いということはないので安心して下さい。

行事について知る機会というのは少ないと思うので、少しでもなるほどと思ってもらえたら幸いです。

 

広告
五月人形 兜飾り 鎧飾り 節句 送料無料 伊達政宗 着用 武者 東京

Comments are currently closed.