海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

地震防災対策面から非常に大事な工事ということでした

我が家は、約20年前に大手ハウスメーカの注文住宅を購入しましたが、家を建てる時の基礎工事の際に鉄筋工事行っていました。

基礎工事の際の鉄筋工事は、大手ハウスメーカの人に聞いてみたところ、家を建てる際には、地震防災対策面から非常に大事な工事ということでした。

そこで、インターネットで、基礎工事の際の鉄筋工事について、詳しく調べてみました。

鉄筋工事の際には、鉄筋組みというものがありますが、これは、捨てコンクリートや砕石の上に、鉄筋を使って、決められた位置に並べて、結束線と呼ばれる針金を固定します。

この鉄筋組みは、コンクリートの連結や住宅の基礎の強度を上げるために使われています。

そのため、正しく施工を行なわないと、住宅の基礎の強度不足やコンクリートのひび割れに繋がります。

また、ハウスメーカーは、ユニット鉄筋と呼ばれる、工場であらかじめ加工されたものを使用しています。

ユニット鉄筋は、ハウスメーカー指定の寸法やピッチで溶接加工されていますので、ミスが少なく安定した施工が期待できます。

 

広告
TSSP.JP:通販-防犯グッズ、防災グッズ、介護用品、金庫など-

Comments are currently closed.