海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

葬儀の段取りと経験者の助力

親しい家族や身内が亡くなった際はその事実から悲しみに打ちひしがれるものですが、規模がどうであれ通夜、葬儀の日取りや段取りは冷静に行わなければなりません。

しかし、全く葬儀の段取りを経験した事が無い場合はどのように葬儀屋と打ち合わせすれば良いのかわからないというケースが多いでしょう。

その場合は葬儀の段取りを多く経験した人とともに打ち合わせを行うと良いでしょう。

十数年前に父方の祖父が無くなった時は、父方の祖父が私たちとともに祖母宅に同行しました。

祖父は家族の多い家庭出身にして地元商店街の理事長や町内の世話役をしていた事もあり、葬儀の段取りに慣れていました。

祖母宅に赴き、すぐに大手葬儀屋に連絡を取り、祖父が中心となって葬儀屋とスムーズに打ち合わせを行いました。

母方の祖母は葬儀の段取りをした事が無かった為、非常に頼もしかったのではないかと思います。

その数年後に父方の祖父は病気で亡くなりましたが、当時の段取りをよく見ていた父は葬儀屋との打ち合わせをスムーズにこなしました。

葬儀の段取りというあまり経験しない行動には経験者の知識を生かす事が重要なのだと感じました。

Comments are currently closed.