海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

喪中はがきはただ出せばいいという物ではありません

身内に亡くなった人がいた場合、おめでとうという事は、もちろん、言い合えませんので、それを知らせるために年賀状を送ってくれる人たちに対して、喪中はがきを出しておく必要があります。

ただ、これに対してただ、何も考えずに出せばいいという物ではありません。

例えば、時期が遅くなりすぎた場合、相手がすでに出してしまった後に知らせると、気まずい思いをさせるなど、マナー違反になります。

さらに、送る相手によって内容を考える必要もあるでしょう。

要らぬ心配を与えてもいけませんからね。

喪中はがき印刷 【40%OFF】
http://www.web-alpha.com/nenga/index03.html

そして、あまり知られていませんが、喪中の範囲は一親等と、同居している二親等というのが一般的です。

もちろん、お世話になった祖母や、離れて暮らしている兄弟など、悲しみが強いケースの場合、喪中はがきを出しても構いませんが闇雲に相手も考えずに、出すというのは、ちょっと考え物です。

さらに、報告だけで済ませては恥ずかしいです。

年賀状の代わりなので、ちゃんと旧年のお世話になった御礼や新年のお付き合いのお願いなども入れておく必要がありますよ。

Comments are currently closed.