海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

無駄をなくすリサイクルトナー

私は昔から良く印刷機器を利用する立場に居ました。

高校時代は文芸部の同人誌を発行する為、大量の文章が書かれた紙を印刷し、製本作業をしていました。

大学生になってからは、研究の論文を書く為に利用しています。

これまた多くの図書資料を印刷し、またそれを引用して何枚も論文を書きます。

さらに、演習発表となれば、大量のレジュメを必要とし、その為に何度も印刷機器を使い、量が量だけに長時間触れることが今でも多いです。

ですが、その為に何度も用紙の補給や、インクのトナーの入れ替え等に立ち会ったり、ある時は自ら行いました。

特にインクのトナーの入れ替えは何台も同時に印刷機器を稼働させていると、頻繁に起こる現象でした。

その度に私は、「なぜインクのトナーは頻繁に入れ替えなければならないのだろう。もっと多く入るようにすれば、空になった容器も無駄にならないで済むのに」と考えていました。

そんな時、私の属している施設ではリサイクルトナーを使っていることを知りました。

リサイクルトナー送料無料

リサイクルトナーは、その名の通り空になったカートリッジを再利用してまた同じ施設に納品する、というものでした。

さらにコストも従来のものより低く済み、経済的にも率先して利用しやすく、無理しないリサイクル、というのをそのまま体現しているような存在でありました。

私はこの事実を知ってから以前より安心して印刷機器を使えるようになりました。

研究が環境を蝕んでいる、という罪悪感がなくなって、今ではとても充実した研究生活を送っています。

Comments are currently closed.