海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

一戸建ての固定資産税

自分の家ができることを考えるのは、とても楽しみなものですよね。

家は一生に一度あるかどうかの買い物という人も少なくありません。

そのため不動産関係の仕事に携わっていたり、そういった本を読んで熟知されている方でないと、一戸建てを所有する際のノウハウについては、あまりご存知でないことと思います。

一戸建てを所有すると固定資産税という税金を払わなくてはなりません。

もちろん借家の場合は、話は別です。

固定資産税ですが、土地の評価額と広さによって大きく異なってきます。

土地の購入の前にあらかじめ調べておいた方がいいです。

逗子や葉山・鎌倉の不動産が満載です。土地や戸建てを探すならハウスモリーへ。お問合せは046-872-1533まで。

地方で70坪前後の家でも、年間12万前後となっています。

12万前後という額は馬鹿にならない金額ですよね。

車の税金同様、家を所有し続けている限り、毎年固定資産税は計上される仕組みとなっています。

この分に関しては、あらかじめストックしておく必要があります。

一戸建ての場合の固定資産税の対象ですが「土地・家屋・償却資産」が対象となります。

固定資産税の税率ですが「固定資産税評価額×1.4%」とされています。

固定資産税は一戸建てのようにマイホームの場合は、税金の負担が軽くされるよう設定されています。

住宅の大きさによって異なるため、大きなお屋敷の場合は固定資産税も上がります。

また法律は常に改正されるため、最初のとおりの税率のままとは限りません。

こうしたことも頭に入れて、土地の購入や家の設計の段階で考慮したほうがいいでしょう。

お金のことをあまり考えてなくてもいい経済状況であれば、さほど問題はありませんが、家の維持は想像以上にお金がかかるものです。

そうしたことも踏まえて、考慮しなくてはなりません。

また突然なんらかのアクシデントによって、家を維持することが難しい状況になることもありえます。

そういったことを考えても、固定資産税はなるべく安く済むようにしたいところです。

家の話となると、人気アナウンサーとして活躍していた故逸見政孝さんが家を購入して間もなく胃がんで亡くなったことで、逸見夫人が莫大な借金を抱えて、家を維持したという話があります。

このように人はいつ何が起きるかわからないのです。

健康で羽振りがいいときは問題ありませんが、これが当たり前といった考えでは、何かあったとき大変危険です。

マネープランはもしもの時も頭に入れて、検討したいところです。

こうしたことを考慮しておけば、万が一のときも安心感があります。

世田谷区 一戸建て情報 エイムハウス

Comments are currently closed.