海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

遺産でもめる

遺産でもめるといった話はよく耳にする話です。

近年記憶に新しいものとして若乃花、貴乃花の兄弟喧嘩がその一例です。

貴乃花親方&花田勝の二子山部屋遺産騒動

遺産でもめ、お骨について争う姿が報道されました。

相続については法律にのっとった形で行なうのが通例ですが、例えば事業をしていて事業を継ぐにあたり8割は相続しないと存続が難しいといった例もあり、配分はいくらといった形でスッパリできない事情があるときもあります。

相続放棄を望む側と望まない側がもめるのは、目にみています。

誰だってお金はほしいものです。

お金は相続したいと思うのは普通ですよね。

相続放棄については、最終的に裁判沙汰になるといった家庭もあります。

そうならないためにも有効なのが遺言書です。

遺言書の作成は非常に重要です。

年をとるとどうしても、痴呆症などの症状が表れてしまいがちです。

そうしたことから、できれば60代のうちに遺言書は作成しておきたいところです。

それが子供たちや、残された人たちのためでもあります。

また生前に相続放棄をしておくといった手もあります。

お金でもめたくない人は、相続放棄を誓言しておくのもおすすめです。

なるべくもめないのが1番ですが、もめたときは法律に従って粛々と対応するのがベストでしょう。

 

速報:相続放棄のお問い合わせ・ご相談予約

Comments are currently closed.