海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

個人に開業資金を借りる時

開業資金を調達する際、国の公庫や銀行などから融資を受ける方法もありますが自分の貯蓄や、家族などから資金を借り入れるという人も中にはいます。

両親や親戚などからお金を借り入れる場合、銀行などから借りるよりも金利が必要ないことが多く、大変便利ではありますが注意しなければいけないこともあります。

実はこの身内での開業資金調達を巡っては、その後トラブルに発展したりするケースも多々あるのです。

まず個人にお金を借りる際、両親の場合は多少気分も楽かと思います。

両親と一緒に開業する人や、親戚など一緒に開業する人が開業資金を出し合うというのはよくあることです。

開業後事業がうまくいっている間は問題ないのですが、運営がうまくいかなくなり返済ができなくなってくると問題が発生します。

一緒に開業している間柄であれば事情もよくわかるため、それほど大きなトラブルに発展することはないのですが、その事業に携わっていない個人からお金を借りている場合は返済できないという展開は受け入れられないこともあります。

たとえば非常に親しい友人であったとしても、お金が絡んでしまうと壊れやすいのが人間関係です。

貸したお金はもちろん返さなければいけませんが、一定期間返済できない時期がありその後もとに戻ったとしても今まで築き上げてきた信頼関係などは完全に崩壊してしまっている可能性もあります。

場合によっては泥沼状態のような関係になってしまうかもしれません。

こういったことを考えると、本当に開業についてしっかり理解してくれている人や共に運営していく人以外からお金を借りる場合はかなり慎重にならなければいけないと思います。

せっかく開業しても大切なものをなくしてしまうことのないようにしっかりと考えて開業資金を調達するようにしてください。

創業融資 大阪 おすすめ

Comments are currently closed.