海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

法人化する利点について

一般社団法人を設立することで様々なメリットが生まれますが、まず社会的信用度のアップが挙げられます。
やはりビジネスであるならば、社名というのはとても重要になってきます。

一般社団法人は社名に「一般社団法人」という文字を入れることが決められていますので、社名を見ただけで顧客にすぐにわかってもらえますし信頼してもらえると言えます。

顧客の立場になった見れば、相手が小さな法人であったとしても「一般社団法人」と認められた法人であれば信用できると思えるのではないでしょうか。

それから資金ゼロでも設立が可能となっており、最低従業員の数も2名以上となっているので比較的楽に設立が可能だと言えます。
夫婦2人で法人を設立させることもできます。

最初は少人数でスタートさせた場合でもいずれ従業員を増やしたいと思うことも出てくると思います。
そんなときも「一般社団法人」という名前があれば質の良い人材を確保することも可能となってくると思います。
一般社団法人設立に関して参考になるHP

働く立場になってみても、やはり素性の分からない企業よりも小さくてもしっかりとした、一般社団法人のほうが安心感があると思います。
また最近は一般社団法人向けの補助金システムなども充実しています。

たとえば介護保険の事業を行っている場合、行政からの補助金や助成金を得られることが多いです。
またこういった介護施設というのは都道府県からも法人であるということを求められることが多いため、事業委託なども多くなっていますね。

ですので一般社団法人を設立させておくと、以後安泰に経営できる可能性が高くなるという見方もあります。
このように一般社団法人にはたくさんのメリットがありますので、法人設立を考えている人はぜひこういった良き点をしっかり理解して進めていただきたいと思います。

法人化することで今までうまくいかなかった面もクリアできるようになることもあります。
今後の経営をしっかり考えて最善の判断をしていただきたいと思います。

Comments are currently closed.