海外って何が起こるか分かりませんので、絶対に保険だけは加入しておきましょう。

東と西で異なる料金プラン、同種のサービス

・アレ!同じ会社じゃなかったの?NTT西日本と東日本

われわれ消費者の感覚ですとNTTはNTT一社しかないような感覚がありますが、実は西日本と東日本では別会社になっているのですよね。
そのために料金プランや割引プランといったキャンペーンモノの内容が西日本と東日本で差異があるようです。

引越しなどの回線移動に関しては東日本から西日本、どちらに移動する際にも電話一本で移行はできるのですが、思いっきり割(東日本)どーんと割(西日本)など特定の地域でしか展開していないサービスもあり、その際は再契約などが必要になる場合があります。

東日本の「思いっきり割」西日本の「どーんと割」も名前こそ違えど実際の内容はほぼかわりがありませんので引越しによって損をするということはありませんのでご安心を。

ただ別会社ということがあり、利用を継続する場合には別名の割引サービスによる再契約が必要となる少々の手続きが必要になるというぐらいのものでしょう。

・西日本のみ提供している高速通信サービスも

料金や割引サービスにほぼかわりのない東日本と西日本ですが、同じフレッツ光のサービスでも提供しているサービスのカテゴリは異なります。

例えば一般的なフレッツ光のサービスは東西ともども「フレッツ光ネクスト」と「ライト」になりますが西日本のみ1ギガ通信の「フレッツ光 隼(はやぶさ)」の提供を行っております。

こちらは残念ながら東日本ではサービスを展開しておらず西日本在住のユーザーのみが契約可能なプランとなっております。
大容量データの送受信を必要とするビデオオンデマンドを利用する際やネットゲームのヘビーユーザーには是非とも利用してほしいサービスですね。

またこの隼ならば端末数の多い事業所やホテルなどのインターネットサービスを提供する回線としても十分なパワーを発揮してくれるはずです。

・転勤族のネット回線はフレッツ光が鉄板!

転勤族の方の自宅回線ならNTTのフレッツ光が定番でしょう。
なぜなら日本全国どこへいっても安定のクオリティを提供してくれるうえに、カバーしているエリアがどこよりも広いことが挙げられます。

インターネット回線を他社に乗り換える場合は企業ごとの締日の違いにより、インターネットが使えない空白日数が発生しがちになります。
引越し先にいま利用しているキャリアのエリアがなかった・・なんてことにならないのがフレッツ光の最大のメリット!電話回線そのものもひかり電話にしておけば移設の際の手続きなどもネットと一緒にできるので手間がはぶけますよ。

 

参考:フレッツ光 契約 プランや料金なども細かく解説

Comments are currently closed.